『我が家』をコンセプトに安心と安らぎを提供するサービス付き高齢者向け住宅
2017/09/18
2017/09/18
『我が家』をコンセプトに安心と安らぎを提供するサービス付き高齢者向け住宅
住宅街の中にあるシャングリラは、開設にあたって、奥地に引っ込むのではなく、近所にスーパーや商店、郵便局や銀行、役所などもある、これまでの生活と同じような環境の中で生活して欲しいという代表の思いからこの地に開設されたのだそうです。駅からはやや距離がありますが、バスも使え、日常生活には何不自由ない生活を送れそうな立地でした。
品質に定評のあるハウスメーカー「積水ハウス」施工による高品質の施設です。
リビングの一角です。万一転倒された場合に、お体への衝撃を和らげることが出来るよう、クッション性がある床材を使っています。 奥には畳のスペースがあり、ゴロっと横になって休むことも出来ます。画像左手側が食堂エリアになりますが、食事以外の時間は、リビングとして、ここで入居者様同士集ってお話しをするもよし、ゆっくり過ごすもよしと、自由に使えるスペースになっています。実際に、私が伺った時間帯(13:30頃)にも5~6名の方々がリビングでゆっくりとお過ごしになっていました。
共有部分は広々!
共有のトイレです。かなり広く、オストメイトも完備。また、万一汚れてしまった際の清潔保持のためにシャワーが備えられています。細かいところにも配慮が行きわたった仕様になっていると感じました。
18㎡超のゆったりした個室
標準装備の備品としては、エアコン、トイレ(ウォシュレット機能付き)、洗面台、収納(クローゼット)、緊急通報装置、スプリンクラーとなります。
ユニバーサルデザインの居室内トイレの手すり
居室内のトイレです。壁には手すりが標準装備されています。この手すりも、積水ハウス様の長年の経験から得た情報を元に設計されたものだそうで、ご高齢者様にやさしいユニバーサルデザインの手すりだそうです。
入居者様の意見を積極的に聞きながら運営する姿勢が素晴らしい!
食事は外部委託で、調理済の食材を毎朝クール便で配達して頂き、施設内で暖かいものは温かく、冷たいものは冷たいままご提供しているそうです。この食材業者の選定には、職員はもちろんですが、当時の入居者様にも試食をして頂き、一番人気が高かった業者を選定したという経緯があるそうです。 館内の生活は、レクなども積極的に行っているようで、特に外出や外食レクはとても多彩でした。 これも、施設側で企画立案するというのではなく、利用者様にお聞きして、行ってみたいところ、食べてみたいものを決めて企画しているのだとか。全てにおいて、利用者様主体で物事を決めて運営しているところが、とても良いと思いました。
一覧に戻る